CATEGORY

未分類

空想上の成長戦略(一条工務店)

前回、競争戦略について、住宅業界や一条工務店を題材に書いてみました。具体的な題材があると考えは進みやすく整理も出来ます。ネタ元の情報が不正確なためあくまでも空想ですが、思考方法のまとめとしては有用ですね。 今回は、一条工務店を題材にして、成長戦略について考えてみようと思います。前回以上に可能性の低い内容ですが、企業はいろいろな可能性を常に模索しているのでもしかしたら実現する未来かもしれません。 現 […]

競争戦略論を使って住宅業界や一条工務店を考えてみる

住宅について、ちょっと違った視点から見てみると面白いんじゃないかということで、 マイケル・ポーターの競争戦略論を切り口に 住宅業界や一条工務店について述べてみようと思います。 競争戦略の成否によって、購入する住宅が良いとは限らないですし、悪いとも限りません。ただ、あまりそんなことを考えながら住宅事業者を選ぶ人は少ないので、「こんな視点でも分析することが出来る」というコラム的な感じで読むといいでしょ […]

「差別化」戦略の考え方

ツイッターで他社と「差別化」の努力をしていますか?という趣旨の質問をさせて頂きました。3名の方のみですが回答いただきました。ありがとうございました。 どのような事業でも、競争相手はおり、他社に対して差別化が必要なのは言うまでもないでしょう。ただ、差別化では漠然としているので一つの用語「価値連鎖(バリューチェーン)」という言葉で考えてみます。 価値連鎖 差別化(による収入拡大)や低コスト化(による費 […]

顧客を良く知りビジネスをする

とある質問 先日、ツイッターで、工務店の経営者様に向けて「 今後の5年間、施工エリア内での 潜在顧客はトータルで何人か イメージされていますか? 」という問いかけをさせて頂きました。 私のフォロワーさんはそう多いわけではないので回答いただいたのは5名の方でした。ありがとうございました。 5名の回答なので、これをもってすべての工務店さんがと言う話ではないですが、潜在顧客をイメージされていない経営者の […]

経営力向上の一般的な手法(PDCAサイクル)を紹介します

数値分析 同業他社との比較、自社の経年での比較を行い問題点を抽出する ・損益計算書(直近5年)・貸借対照表(直近5年)・固定費明細(直近5年)・変動費明細(直近5年) ・同業他社の状況 外部の環境分析 ※自社に対しての「チャンス」や「脅威」について分析する ・地域住民(特に子育て世代)の所得水準・建築可能エリアの新規住宅着工数・消費者のニーズ・競争状況(価格面、製品面など)・利害関係者との関係→下 […]

ハウスメーカーは利益率が高いという話はナンセンス

ハウスメーカーは暴利で、工務店は薄利のウソ ネット上には「ハウスメーカーは利益率が高く、工務店の利益率は低くしてあるから工務店で建てる方がお得である」という主張があります。果たしてそれは正しいのでしょうか。 イメージ的にはハウスメーカーは高く、工務店は安いというものがありますが、正しい知識をもってそれを考えてみましょう。まずは利益率とは何なのかを理解することから始めましょう。 利益率を理解して考え […]

請負契約書についての勉強①

2020年1月末から始まったCOVID-19(新型コロナウィルス)ですが、住宅業界には、住設の入荷が消えるという事態になっています。 今現在これでお困りの方もいらっしゃるとは思いますが、建築会社と綿密に話し合い最良の選択をしていくほかはありません。話し合いについては、その結果をきちんと書面に残しましょう。最善は確認事項を覚書にして交わすことですが、仮に交わさないとしても、証拠として、双方の確認日、 […]

家の「購買意思決定プロセス」 解説②

「購買意思決定プロセス」 の解説②です。家の「購買意思決定プロセス」 解説①こちらもご参照ください。 今回は、③代替品評価、④購買決定、⑤購買後の行動について解説します。 一般的に、家の購入では多くの人が労力と時間をかけて勉強します。非常に多くのことを学ばなければならないため、労力と時間をかけながらも、残念ながら失敗することが多いのも現実です。 一方、学問として「消費者購買行動」、「購入意思決定プ […]

家の「購買意思決定プロセス」 解説①

一般的に、家の購入では多くの人が労力と時間をかけて勉強します。非常に多くのことを学ばなければならないため、労力と時間をかけながらも、残念ながら失敗することが多いのも現実です。 一方、学問として「消費者購買行動」、「購入意思決定プロセス」は研究されています。それを参照しながら家の「購買意思決定プロセス」や「その環境」を考えてみましょう。 「購入意思決定プロセス」を認識しておくことで、誤った決断や無駄 […]

ハウスメーカーとトラブル

ハウスメーカーとトラブルになったことのある方はよくご存じでしょうが、ハウスメーカーは自社の非を認めません。これは住宅業界の特性もあるのですが、認めることでの得と損を比べた時に、損が多いからです。 でもそんな時代も変わるかもしれません。インターネットの時代だからこそかもしれません。消費者にとってはありがたい時代ですし、住宅業界も変わる時が来ているのかもしれません。 ハウスメーカーは完ぺきではありませ […]