持ち家派?賃貸派?


持ち家と賃貸のメリット、デメリット

持ち家賃貸
快適度〇一般的に高い性能で快適✖持ち家と比べ温熱環境などが劣る
満足感〇所有する満足感✖所有している満足感は無い
リフォーム・間取りの自由度〇間取りを決められる。リフォームも可能✖間取り変更、リフォームは難しい
社会的信用度〇高まる✖得られにくい
資産性〇家族に残しやすい。相続税対策になる
〇他人に貸せる
✖資産性は無い
〇売れないときのリスクが無い
住み替え✖簡単に住み替えが出来ない
✖売る際の諸費用がかかる
〇住み替えしやすい
〇家族構成の変化に応じて住み替えればコストを抑えられる

✖高齢者では借りにくい
ローン、税金、維持費✖ローン(借金)を抱えるリスク
△固定資産税、維持費がかかる
〇家賃の前払いのため消費税上昇リスクが無い
〇ローン(借金)の必要が無い
△固定資産税、維持費はないが、家賃に組み込まれていると推定される
✖変動金利の場合返済額の上昇リスクがある
その他地域とのつながりが大きい地域とのつながりが薄い

これだけではありませんが、持ち家と賃貸にはライフスタイルに関わる様々な違いがあります。

持ち家は賃貸より高品質な住まいになる

通常、持ち家の方が低コストで質の高い家に住むことが出来ます。一方で、転勤族は持ち家はリスクになり、管理コストも発生するため賃貸をおすすめします。自分がどのようなライフスタイルを送るのか考え選択することが重要です。

どちらか一方が絶対に有利という事はありません。転勤族の方であれば、会社勤めの間は賃貸や社宅で暮らし、その間に退職後に買う住宅資金をためておく。退職後には賃貸ではなく終の棲家として小さな家を買うという選択肢もあります。ライフスタイルを考慮し、持ち家でも賃貸でも最適な選択をすることが大切です。

持ち家、賃貸論争は人それぞれなので「持ち家」「賃貸」の正解、不正解はありませんね。一生住みかえる可能性が低ければ持ち家をおすすめしますが、転勤族であれば、退職後、終の棲家として夫婦だけで住む小さな家を建てるのは素敵だと思います。


安心・安全。納得感のある家づくりの最新情報をチェックしよう!