建築会社を経営面から確認する

重要なパートナー選び

住宅の建築で一番重要なのは、一緒にプロジェクトを進めるパートナー選びです。

住宅建築は2千万3千万という高額な取引でありながら、企業間取引では通常行われる、与信管理(会社の経営状況の確認)が行われません。

毎週全国のどこかの建築会社が倒産しています。
家の建築中に建築会社の倒産に巻き込まれると、家は建たないどころか、多大な債務を負ってしまう可能性があります。
倒産しないとしても、経営状況が悪いと下請けへの支払いが滞ったり、未払いが発生するなどしていきます。必然的に施工不良のリスクが高くなります。

そのようなリスク回避のために、
企業間取引ではそれを避けるために与信管理が当然行われています。
一方で、住宅購入では個人での取引のため与信管理が行われていません。

支払いする側の消費者は住宅ローンのため厳格な与信管理が銀行によって行われます。一方、建築する側の与信管理が全く行われていない状況は異常です。

消費者のリスクを軽減します

このような状況から、消費者のリスクを低減し、消費者が安全安心に住宅を購入できるようサポートいたします。そのお手伝いをきっちりとさせていただきます。

契約前に必ずご相談ください。契約後の相談では対応が出来ることが非常に少なくなります。

詳しくは「問い合わせ窓口」からご連絡ください。